機械式時計の魅力とメンテナンス方法についてご紹介!

機械式時計の魅力はそのアナログ感にあり

正確さで言えばクォーツ式時計の方が圧倒的にいいのですが、機械式時計には独特の魅力があります。アナログ感というのもその一つでしょう。何しろ、機械式時計には電池が必要ありません。動力はゼンマイですから、電池の消耗等は気にする必要がないわけです。ゼンマイは一回フルで巻いておけば、二日ほどは巻く必要もありません。それでいて日の時間のずれは数秒ほどなので、今の時代にでも十分に実用に耐え得るものなわけですね。

基本的に毎日使うことがメンテナンスに繋がる

機械式時計は、できるだけ毎日使った方がいいでしょう。なぜなら、使わないと潤滑油が部品に馴染んでいかないからです。長期間放置しておくと、時計の中で潤滑油が固まってしまって、最悪動かなくなるケースも出てくるはずです。毎日使っているだけでも、ある程度はメンテナンスになっているということは知っておきましょう。一日一回ゼンマイを巻いてあげると、長期間正しく時を刻んでいってくれるはずです。ゼンマイの巻きすぎはよくないのでやめておきましょう。

三年に一度程度はオーバーホールに出す必要がある

機械式時計は非常に繊細なものであって、基本的には長期の使用に耐えられるものではありません。ですから、三年に一度ぐらいはオーバーホールに出して、使用期間をリセットしてあげるのがいいでしょう。オーバーホールをすれば、消耗した部品の交換もしてもらえますし、潤滑油の交換もしてもらえます。新品と同じような状態に戻るわけですから、そこからまた三年は快適に使っていくことができるはずです。オーバーホールを怠ってしまうと、最悪使えなくなることもあります。

パリが発祥地の高級ブランドブシュロンは、世界の貴族や世界的人気スターにも愛されるセレブに人気の一流ブランドです。

Related posts