ペットショップでは買わない!犬を手に入れる3つの方法

犬のブリーダーから買う

ブリーダーとは、犬を繁殖させて売買する職業です。愛犬家と最愛の一匹を結びつける役割を果たします。出会いの瞬間をこれから家族になる人たちにとって素晴らしい瞬間にするために、健康で丈夫な犬を供給するブリーダーは、愛犬家と犬を結びつけるためには欠かせません。血統はもちろんですが、どんな親犬か、兄弟犬か、どんな環境で育ったのかなど、ペットショップで買っては知ることのできない大切な情報を、ブリーダーから迎え入れる場合には知ることができるのです。

捨て犬などの里親となる

心無い飼い主に捨てられてしまった、脱走して家に帰れなくなったなどの理由で、保健所やシェルターに収容されている犬がたくさんいます。悲しいことに、殺処分されてしまうことも少なくありません。犬と一緒に暮らしたいと思ったときに、そういった犬たちを迎えいれるということも選択肢の1つです。基本的には譲渡にあたるので、売買は生じません。安易に入手できるだけではないので、その犬と一緒にこれから暮らしていくことができるか、真剣に考えるよい機会にもなるでしょう。

譲渡会イベントに参加する

上記の保護犬は、ボランティアやNPO団体が一時預かりをしているケースもあります。いきなり飼い主になる、のは抵抗があることでしょう。犬の飼育経験のある人たちが仮の飼い主になり、病気を治したりある程度のしつけをしてから、新しい飼い主に引き渡すシステムがあります。まずは譲渡会に参加して犬とお見合いをし、お互いに気に入ればトライアル期間を設けて預かり、その後正式譲渡を受けるという流れになります。初めて犬を飼う人にもハードルが低いといえるでしょう。

子猫販売なら神奈川県の店舗が人気の理由として、飼育しやすいペットが中心に販売されていることが挙げられます。

Related posts